Goal achievement

アトピー完治には継続と目標が大切!脱ステロイド入院体験者が教えます

「アトピーは治らない」「アトピーは一生付き合っていくもの」そんな風に思っていませんか?

私も、以前はアトピーに悩まされていましたが、正しいやり方を継続することで、完治できました。今回は、私がアトピーを克服した方法をご紹介いたします。

覚えておきたいアトピー対策2つの基本

アトピー改善には、日々の生活を見直すことが大切です。
まずは、絶対に避けたい食べ物や生活習慣について、みてみましょう。

添加物

アトピーで悩んでいるなら、添加物が含まれている食料品はできるだけ避ける必要があります。野菜や果物も、農薬が使われていない、オーガニックのものを選びましょう。

運動

意外かもしれませんが、アトピー対策に運動は有効です。汗で痒くなるのが気になったり、痒みが気になったりで動く気力がない場合もあると思いますが、できるだけ身体を動かすようにしましょう。

私の場合は、趣味のサーフィンへ積極的に出かけています。
「海水で肌が荒れてしまうのでは?」
そう感じるかもしれませんが、海水には豊富なミネラルが含まれているため、実はアトピー改善に効果的。

日本でのサーフィンはもちろん、海外のきれいな海でサーフィンをした後は、肌がつるつるになり驚きました。

海が遠くてマリンスポーツを楽しめない、という場合は、家の中でできるストレッチや筋トレ、ヨガなどを取り入れてみましょう。

マインドセットを見直してみよう

Mind

アトピー改善には、食生活と運動が大きくかかわっていることが分かりました。
だからといって、今まで外食ばかりで運動なんて全然……という人が、急に生活を変えるのは大変ですよね。

こんな時には、マインドセットの見直しが役立ちます。
マインドセットとは、アトピーに対しての考え方や行動のこと。
ここを見直すことで、辛い思いをすることなく、ライフスタイルを変えていきましょう。

私の入院体験

以前、アトピーがひどくなり、関西にある近畿中央病院に、1ヶ月以上入院していた経験があります。この病院には、私以外にもアトピーで苦しみ、入院している方がたくさんいました。

入院中は全員、病院食に加え規則正しい生活を送ることになります。それなのに、なぜか改善が早い人、遅い人、改善できない人がいることに気付いたのです。

その理由には、これまで飲んできたアトピー薬の副作用なども関係していると思います。ですが、それだけでなく、アトピーに対しての意識の問題、マインドセットが影響を与えていると感じました。

アトピーを早期に改善で来ている人には、ある特徴があったのです。
治りが早い人は、遅い人とくらべて、どこが違っていたのでしょうか?

アトピーを改善できるマインドセット

アトピー改善は早い人に欠かせない、マインドセット。
それは“継続”です。
順調に回復していく患者さんの多くが、継続して続けている習慣を持っていました。

私自身、アトピー改善のため、添加物の少ない生活とサーフィンを取り入れていますが、”継続できる方法”でなければ意味がありません。いくら添加物が少なくても不味ければ嫌になってしまいますし、サーフィンが好きでなければ続かないでしょう。

アトピーが頬やおでこなど、目立つ位置に出てしまっている場合。
つい、焦って改善したくなりますが、アトピーは完治が難しく、長期的に改善していくものです。

この点をしっかり心得て、1週間、1ヶ月ではなく、半年、1年、数年後まで見据えて対策を行い、再発を減らしましょう。

「アトピーには温泉治療が良い」
とよく言いますが、これも家の近所に手ごろな金額で入れる温泉がなければ、継続できませんよね。年に2~3回の温泉旅行では、アトピー改善は難しいでしょう。

ダイエットと同じで、ごはん好きな人は糖質制限でストレスが溜まりますし、脂っこい食事が好きな人は、カロリー制限でストレスを抱えます。このように、自分が取り入れてもストレスが少ない、アトピー改善方法を考えてみましょう。

「添加物が少ない食事も、継続しての運動も無理」
だからといって、諦めないでください。
必ず、自分のライフスタイルに合った、アトピー改善の方法があります。

食事の見直しであれば、オーガニック食材を使っているお惣菜やレストランを選ぶ、農家直送の野菜を買う、できるだけ自然の調味料で味付けする、など、様々な方法が考えられます。

運動の場合も、先ほどもお話しした自宅での運動だけでなく、近くのスポーツジムを利用する、ウォーキング、一駅歩いたりできるだけ階段を使う、やってみたかったスポーツを始めてみるなど、できることはいくらでもありますよね。

アトピーを改善したいなら、まずは自分にできそうなことを探してみましょう。

アトピー改善に病院は必要?

hospital

日本中に、アトピー治療で知られるお医者さんがいます。
「少しでもアトピーを何とかしたい」
と、病院を転々とした経験がある方も、多いのではないでしょうか?

私も、アトピー治療で有名な先生のところへ、1日3時間くらいかけて通ったことがあります。ですが、病院内での待ち時間も長く、通院だけで1日が終わってしまう日々でした。

通っていて、目に見えて変化があればまだ良いのですが、アトピーは長期的に付き合っていくものです。仕事をしながら、通院に時間を取られる生活に疲れてしまい、途中で通うのを止めてしまいました。

通院を止め、食事と運動の見直しを始めた私ですが、時間をかけて向き合ったことで、現在は病院へ行かなくともアトピーを抑えられています。

「通院がストレスになっている……」
という場合は、一度思い切ってストップし、できる生活習慣から改善していくのも一つの手段です。

また、継続は大事ですが、続けられなかった時に自分を責めないことも大切です。うまくいかない時期があっても、
「そういう時もある!」
と前向きに切り替えて、再度できることからやってみましょう。

アトピー改善のために目標を立てよう

私がアトピーで悩まされている頃、
「アトピーが治ったらあんなことがしたい!」
という目標を立てていました。

この目標があることで、アトピー改善の食生活や運動が続けやすくなります。
ただ、漠然と、
「治ったらいいなあ」
そう考えているのではなく、治すと決めたら具体的な目標を持ちましょう。

私の場合は、顔や全身にアトピーがあったため、サーフィンという趣味がありつつも、人前で裸を見せることに抵抗がありました。そのため、夏場もウェットスーツを着用していたのですが、
「アトピーが治ったら、水着のみで海に入ってみたい」
という目標を立てたのです。

そうして、アトピー改善のための運動として、さらに水着が似合う身体になるため、筋トレを始めたのですが、目標を叶えるための行動だったこともあり、辛い気持ちを感じることなく、継続できました。

生活環境を変えれば、かならずアトピーは治ります。
実現しやすい具体的な目標を立て、頑張っていきましょう。

思い切って人に会うことも大切!

アトピー性皮膚炎がひどい場合、見た目が気になり家に引きこもりがちになりますよね。この見られたくない気持ち、よくわかるのですが、私自身はできるだけ外に出て、人と会う用事を入れるようにしていました。

その理由は、その人に会うための、努力ができるからです。
1ヶ月後に食事の約束をすれば、その日のために少しでもアトピーを改善しようと、食生活の改善や運動を頑張れます。毎月のように、予定を入れていれば、自然とアトピー改善のための生活が身につき、習慣化も可能です。

友だちや仕事先の人ではなく、好きなミュージシャンのライブやコンサートなどでも良いと思います。私の場合は、あえて接客の仕事を選び、見た目を意識していた時期もありました

「治したい!」
「改善したい!」
という気持ちがなかなか高められない時は、人目を気にする方法で、自分の意識を変えていきましょう。

動画で解説

まとめ

アトピー改善の近道は、ストレスなく継続できる、食生活改善や運動を探すこと。短期決戦ではなく、1年後、2年後の自分を想像しながら、具体的な目標を立てて向き合っていきたいですね。

最初は小さな一歩で構いません。
一つ一つ積み重ねながら、身体に良いライフスタイルを手に入れましょう。

アトピー歴30年以上。小学3年アトピー悪化→中、高は改善→成人アトピー悪化→近畿中央病院入院→退院後改善して現在に至る。薬に頼らない身体の中から改善することを目指す情報をお届け致します。少しでも悩んで苦しんでる方の参考に慣ればと思います。

アトピーYouTubeチャンネルはコチラ