sick

アトピーの人はてんかんになりすい?!私がてんかんと向き合った結果

現在は完治していますが、私は中学生~20代後半まで、てんかんに悩まされてきました。てんかんは、人によって様々な症状が出るのですが、突然発作が起きるため、とても辛いですよね。

私の場合はアトピー性皮膚炎に加えて、てんかん、ぜんそくを抱えていました。アトピー患者さんの中には、私と同じ疾患を抱えている方もいると思います。

アトピーだけでなく、てんかんでも悩んでいる方は、ぜひこの先をチェックしてみてください。

私とてんかんと薬

medicine

私がてんかんを発症したのは、中学生の時です。授業中にてんかん発作が起き、そのまま倒れてしまいました。
突然のことだったので、周囲から驚かれたのを覚えています。

高校へ入ってからも、友だちが泊まりに来たことがあるのですが、私がてんかんで倒れ、別室で寝ていた母親を友人が起こしに行く、という事件や、友人とゲームセンターへ遊びにいった先で倒れ、救急車を呼ばれた、という経験もありました。

いずれの場合も、目が覚めた時には保健室や自室や病院のベッドで寝ている状態。
自分では何もできず、前後の記憶も失われているのがつらかったです。

当時は、地元の脳神経外科に通っていて、漢方薬を処方してもらっていました。
ところが、漢方薬が非常に苦く……親は飲めと言うのですが、飲むふりをして捨てる。それがバレて怒られる、という繰り返しでした。

その後、親がカプセルを買ってきてくれて、それに漢方薬を詰めてみたものの、そもそも飲むのが面倒だったり、ちょうど反抗期だったりで、継続して薬を飲む生活はしていませんでした。

そんな生活をずっと続けていたのですが、最後に発作を起こしたのは25歳くらいの時です。現在は40歳なので、もう10年以上発作を起こしていないことになるのですが、最後の発作は当時彼女だった今の奥さんと海へ行き、その後実家で過ごしていた時でした。

私は記憶がないまま、救急車が呼ばれそのまま病院へ入院。後から聞いたところ、病院でかなり暴れていたそうです。この病院では、漢方薬ではなく西洋医学の薬を処方されました。

それでも薬を飲むのが好きではなく、その後も薬を飲まない日が続いたのですが、この発作以降はてんかんが起きることはなく、今にいたっています。

それでは、一体なぜ、定期的に起きていた発作が出なくなったのでしょうか?

ここからは、あくまで私の感じた結果論なのですが、この最後の発作以降、アトピー改善を目指し食生活の改善を行ったことが大きいのでは、と考えています。食事はすべての基盤になるため、良い食材を口にすることで、幅広い病気の予防改善につながるでしょう。

アトピーで悩んでいる方はもちろん、てんかんで自分自身や家族が悩んでいる方は、薬での治療だけでなく、食生活を見直してみてください。毎日の食事を添加物が少ないものに変えるだけで、身体がどんどん元気になっていきます。
できるだけ薬に頼らず、体調を整えたいなら、食生活の改善がおすすめです。

まとめ

私は特に薬を飲みたくないタイプなので、毎日の食事の質をアップさせました。その結果、アトピーも完治し、てんかんも起きなくなったので、試してみて良かったと思っています。

具体的にどんな食生活なのか、くわしくはこちらの記事でご紹介しています。
食事に気を使うと、アトピーやてんかんだけでなく、風邪をひきにくくなったり、若々しくなれたり、というメリットもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

アトピー歴30年以上。小学3年アトピー悪化→中、高は改善→成人アトピー悪化→近畿中央病院入院→退院後改善して現在に至る。薬に頼らない身体の中から改善することを目指す情報をお届け致します。少しでも悩んで苦しんでる方の参考に慣ればと思います。

アトピーYouTubeチャンネルはコチラ